全国CD飛ばし大会(3MX24)

2015.04.16 Thursday

0
    小学校3年生のおまめくん。
    どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

    ーーー
    3MX24 正解
    今日は全国CD飛ばし大会の日です。
    一人5枚ずつの巨大CDを5m先の箱に投げ入れます。
    箱に入ったCDの厚さに応じて車をもらえます。
    始くんは4枚、次野くんは3枚、最後くんは5枚が入りました。
    CD一枚の厚さを6mm、CDの厚さ2mmにつき1台の車をもらえるとすると、みんなで車は何台必要でしょう。
    ーーー

    CDを投げている絵を書きました。
    厚さに応じて、の文章で、CDを横から見た絵に車を描きました。

    それぞれの枚数を横から見た絵で描きました。
    CD1枚で3台車がもらえると分かったので、3,6,9と数字を書き入れていきました。

    筆算で合計して答えを記入しました。


    ーーー

    このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。
    ↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
    おまめくんの成長日記

    くじらの活き造り(3MX12)

    2015.04.14 Tuesday

    0
      小学校3年生のおまめくん。
      どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

      ーーー
      3MX12 正解
      今日は満開の桜の下で、お花見です。
      ご馳走はクジラの活き造りとアザラシの姿煮です。
      クジラの活き造りはアザラシの姿煮の3倍の重さがあります。
      午前中に丁度半分のクジラとアザラシを食べたところ残りの重さは120kgでした。
      では、クジラの活き造りはもともと何kgだったのでしょうか。
      ーーー

      続けて類題を選びました。
      120を4つに分けるのに、今まではすぐに(30)の数字を入れていましたが、今回は100と20をそれぞれに4つに分けて考えました。

      20は5が4つ
      100は25が4つ
      ということが分かりました。

      分けたものをくじらとアザラシで色分けしていきました。(アザラシ赤、クジラ青)

      青の部分を合計し、半分の重さが90kgと分かりました。
      90+90で答えを180kgと書きました。


      2MXの同じ問題はこちらです


      ーーー
      このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。
      ↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
      おまめくんの成長日記

      くじらの活き造り(3MX16)

      2015.04.13 Monday

      0
        小学校3年生のおまめくん。
        どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

        ーーー
        3MX16 正解
        今日は満開の桜の下で、お花見です。
        ご馳走はクジラの活き造りとアザラシの姿煮です。
        クジラの活き造りはアザラシの姿煮の6倍の重さがあります。
        午前中に丁度半分のクジラとアザラシを食べたところ残りの重さは1610kgでした。
        では、クジラの活き造りはもともと何kgだったのでしょうか。
        ーーー

        今までに同じ問題や類題を解いた事があります。
        クジラはアザラシの6倍の重さの絵も、半分食べた絵も、分かりやすく描けました。

        絵を描いたところで、1610を7個に分ければ答えが導きだせるのは気づいたので、まずは分けていきます。
        1ケタずつの数をいろいろな数に分解して分けていきました。

        1000を余りが出るまで分けました。(あまり6)
        600を余りが出るまで分けました。(あまり5)
        10を余りが出るまで分けました。(あまり3)
        あまりを足して14なので、またこれも7個に分けました。

        半分の絵を見て、7個に分けたものの6個分がくじらの半分の重さだと気づいたので、色わけしていきました。
        くじらを茶色、アザラシを赤で塗りました。
        茶色だけを足して、1380。
        それを足し算で2倍して2760として、答えを記入しました。

        前回はこちら。2MX66
        前回はアザラシの重さを先に出して6倍にしています。
        今回は分けた6個分でくじらの重さを考える方法でした。
        (足し算はアザラシを6倍にするより今回のほうがややこしくなったので苦労していたように思います)

        分けることが一番楽しく、足し算は大変だった、と言っていました。
        今回は足し忘れがないように、足したものには(+)という印をつけるなどの工夫ができました。



        ーーー

        このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。
        ↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
        おまめくんの成長日記
         

        センコウくんとデンコウくん(3MX09)

        2015.04.09 Thursday

        0
          小学3年生の息子、おまめくん。
          どんぐり倶楽部の文章題に取り組んでいます。

          ーーー
          3MX09→正解
          センコウ君とデンコウ君が火花飛ばし競争を2回しました。1回目はセンコウくんの後に、デンコウ君がセンコウ君の8倍の火花を飛ばし、2回目はセンコウ君が1回目のデンコウ君の2倍の火花を飛ばしました。
          次で、デンコウ君がセンコウ君と同点になるためには、1回目にセンコウ君が出した得点の何倍を得点すればいいでしょう。

          ーーー

          2MXでもやったことのある、センコウくんとデンコウくんの火花飛ばしの問題を選びました。

          まずは左ページに花火を持っているガンバルドンを描きました。
          (線香花火とデンコウ(?)花火)

          文章は少しずつ読みました。
          デンコウくんはセンコウくんの8倍の絵で、右ページ真ん中の絵を描きました。
          2回目のセンコウくんの文章を読んだ後に、2倍の絵を描くスペースがなかったので絵を下に描き直しましたが小さすぎたので、右ページ上に描き直しました。

          数字を入れていき、センコウくんは2回合わせて17、デンコウくんの1回目は8ということが分かりました。
          同点にするための2回目のデンコウくんを点数を点線で表し、数字を9と入れました。
          一回目のセンコウくんは1なので、9にするためには9倍、ということが分かり、答えを記入しました。

          以前の記事はこちらです。
          前回はかなり試行錯誤してたどり着いていました。
          前回の記事を読むと、40分かかってたどり着いたのですね。
          今回は答えまでは5分くらいでした。絵も丁寧に描けていて、数字も分かりやすく入れることができました。

          答えを書いた後に、左ページに絵をたくさん描きました。これで30分くらいかかっていたと思います。
          夏祭りなのだそうです。(花火のイメージだからかな)


          ーーー
          このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。
          ↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
          おまめくんの成長日記
           

          ムーリーくん(3MX05)

          2015.04.08 Wednesday

          0
            小学校3年生のおまめくん。
            どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

            ーーー
            3MX05 正解
            午前11時59分28秒にカタツムリのムーリー君が、いつもの様に学校に向かって歩き始めました。
            学校までの距離は丁度100mです。
            ムーリー君はいつも10mを5分15秒で歩きます。
            ムーリー君が学校に着くのは何時何分何秒ですか。
            ーーー


            以前2MX55でも取り組んだことのある問題を選びました。
            以前の記事はこちらです。

            まずは左ページに絵と数字を描きました。
            前回は5分15秒を10倍にして考えましたが、今回は50mまでかかる時間を増やしながら書き込んでいきました。
            50mで26分15秒となったところで、×2と書き込み、筆算で分と秒をそれぞれ足しました。
            これで52分30秒かかることが分かったので、右ページに大きく時計を描き、分と秒を丁寧に進めていきました。

            時計を大きく描き、60刻みを丁寧に描き、針を5ずつ進めていくという工夫を考えてから、複雑な時間を問われている問題でもミスが少なくなってきていると思います。

            右ページをよく見ると、時計が黒板に描かれている絵になっています。
            黒い帽子をかぶったガンバルドン先生が、時計の授業をしているそうです。
            (ガンバルドンは3匹いるのではなく、左右にシャカシャカ動いているのだそうです)


            ーーー
            このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。
            ↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
            おまめくんの成長日記