アルスくんの添削あり3MX50

2015.06.24 Wednesday

0

    今年の1月から、アルスくんの添削教室に申し込んでいます。
    自分では判断できないところが多いので、アドバイスとともに返ってくる添削はとても勉強になります。



    3MX50
    3MXに入ってしばらくは、2MXの類題や同問などしか選んでいなかったのですが、初めて新しい問題にチャレンジした時のものです。(問題を解いた時の記事はこちら
    これまでも、10倍や100倍にして考えることはしてきたのですが、途中の絵がなかったりして、「絵にすること」をアドバイスしてきていただいていました。
    最近では、途中で倍にしたり10倍にしたりする時に、→と(×2)などの記号を書いて、倍や10倍の絵を描くようになってきました。
    それでも、まだ→を描かずに増やしているところがあるので、アルス君の添削の→を見て自分で気づいてくれたらいいなあと思います。

    アルスくんからのコメント
    ●2倍,3倍,・・・,10倍。もうすっかりマスターでき,スムーズな展開ですね。
    「倍数は任せてくれーー」って感じですね。

    直径--円周,単位(km,m)もOK
    赤蛇は1周目,2周目で内容が違うし,青蛇は2周とも同じ。。。。
    ちょっと複雑(?)に要素が絡んでいますけど,しっかり最後まで読み込んでいてGOODです。


    とのことでした。






     

    カブトとクワガタ(4MX26)

    2015.06.23 Tuesday

    0
      小学校3年生のおまめくん。
      どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

      ーーー
      4MX26 正解

      カブト6匹とクワガタ5匹を缶に入れて重さを計ったら2kg860gでした。 缶はカブトと同じ重さで、カブトは6匹とも同じ重さ。クワガタは3匹がカブトと同じで、他の2匹はカブトの丁度半分の重さです。では、軽いクワガタ1匹の重さは何gかな。
      ーーー


      最初にカブト6匹とクワガタ5匹、全体を囲んで缶の絵を大きく書きました。
      重さのところで、右ページに○を描いて試行錯誤していました。
      絵を描き直そうといろいろ描いていましたが、最終的には最初に描いた左ページの絵に、

      カブト6匹に○○
      缶に○○
      クワガタ3匹に○○
      クワガタ2匹に○

      の絵を描き加えて、全体を2kg860gとメモしていました。

      ○を数えて、2kg860gを22個に分ければ答えが出るところまでは分かりました。
      ここまで分かれば、割り算の筆算さえ習えばできると思うので、今は答えまで出なくてもよいかなあと思っていました。
      (22個にわけるのは今までのやり方では厳しいかなと思いました。)

      本人も22に分けるのは難しいと思ったようですが、まず半分に分けて11個に分けるならできると考えたようでした。

      ということで、1kg430gを11個に分けることを考えました。

      今までは1ケタずつ分解して分けていたのですが、なぜか今日はそれを思いつかなかったようで、かなり悩んでいました。
      いろいろ試行錯誤し、1430を100を14個、10を3個の絵を描いて、分けることにしたようでした。
      100が11個で1100、あとは330を11個に分けるだけなので、私としたらすぐに分かるかなと思って見ていたのですが、ここからがかなり悩んでいました。(30分以上)

      途中休憩をはさみ、50に分けたりいろいろしながら、急に「はっっ!!」と声を出し、330を11個に分けると30ということが分かったようでした。

      ○のひとつに130という数字を入れ、答えを書きました。

      久しぶりに90分くらいかかりました。
      答えが出た後は、とてもスッキリした、楽しかったと言って満足そうでした。


      -----
      このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。

      ↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
      おまめくんの成長日記

      学校のバザー(4MX08)

      2015.06.22 Monday

      0
        小学校3年生のおまめくん。
        どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

        ーーー
        4MX08 正解

        今日は、学校で、バザーを開催します。みんな、1つずつ不要なものを持って来ます。
        バザーでは、自分が売りたい値段(ねだん)の1/5の値段を加えて売ることになっています。
        桜子ちゃんは、昨日まで使っていた自動宿題しますマシーンを90万円で売ることになりました。
        では、桜子ちゃんが売りたいと思った値段は幾らだったのでしょう。

        ーーー

        バザーの様子を楽しくお絵描きしてスタートしました。


        売りたい値段の5分の1を加えて売るの絵は、これを描きました。

        最初に○を5個描いて、囲んで(うりたいねだん)とメモ。
        ○を1つ加えて、(たしたねだん)とメモ。
        その後90万円が出てきたので、くるっと全体を囲んで90万円と描きました。
        自動宿題しますマシーンを90万円で売ることになりました。を読んだ時に、「そんな大事なもの売っちゃダメじゃん」と独り言を言っていました(笑))

        この絵を見ていて、○2つを囲んで30万と描きました。
        30万を2つに分けるのに、15万とすぐ分かる時もあったような気もしますが、今日は3万のかたまりを10個かいて、5個囲んでいました。まだいろいろな方法でやってみる時期なのでしょうね。

        それで、
        「分かった」
        と言って75万円と書きました。

        解いた後のお絵描きも結構楽しんでいました。




        -----
        このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。

        ↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
        おまめくんの成長日記

        筋肉豆腐(4MX92)

        2015.06.19 Friday

        0

          小学校3年生のおまめくん。
          どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

          ーーー
          4MX92 正解

          朝早く目覚めたハム太郎は、突然、もっと筋肉を付けようと思い、どうしたら筋肉が付くのか色々と調べました。
          その結果、筋肉豆腐の4/5が蛋白質で、その蛋白質の1/2が筋肉になることをつきとめました。
          では、100gの筋肉を付けるには筋肉豆腐を何g食べるとよいでしょう
          ーーー

          今日は4年生問題から選んでみようかな〜と言って、4MXの冊子を眺めていました。
          選んだのは筋肉豆腐の問題です。
          朝早く起きた絵や調べている絵など、お話を考えながら楽しんで描きました。

          とうふの絵を四角で描き、線を4本引いて5つに区切りました。
          5分の4なので、そのうちの4つに(たんぱくしつ)と書いて、オレンジ色を塗りました。
          次に、その2分の1なので、ふたつに(きんにく)と書き、ピンクで色を塗りました。
          きんにく、のところに100グラムと数字を入れ、オレンジ色の残りのたんぱくしつ部分にも100グラム、と書き、色を塗っていないところに50グラム、と書き、全体を250グラムと書きました。

          読み終わってすぐに数字を入れて終了しました。

          右ページには、
          「きんにくをつけたいひと きんにくとうふ10こいり」
          と書いてある箱を書いています。
          まわりに10人のどんぐりの登場人物が描かれていて、みんなで筋肉をつけるのだそうです。





          筋肉豆腐の問題は、もともと好きな問題です。
          以前は束に入れているとすぐに選んでいました。
          今回は分数が入っているので、どうかな〜?と思いながら見ていました。
          分数は今は2年生の終わりに少し教科書で習います。でも、うちの子は進度が遅く(あまり学校に行っていないため)、2年生の3学期の最後の1日で教科書の分数をしたようです。多分教科書を読んだだけだと思います。
          でも、こうやって見ていると、結構理解できているのだな、と安心しました。

          アルスくんからのコメント
          ●楽しい,楽し〜い,筋肉豆腐でしたね。
          4/5(5分の4)・・・難なく絵にできましたね。素晴らしいです。
          絵図の中に数値をしっかり記入していく。これもGOODです。

          筋肉豆腐シリーズは奥の深い問題ですので,ほかの問題もやってみてくださいね。

          とのことでした。
          筋肉豆腐は奥の深い問題なのですね。大切に取り組んでいきたいと思います。
          また、「絵の中に数値をしっかり記入していく」のもポイントだなあと思います。

          いつもどの問題を送るか迷ってしまうのですが、アドバイスを参考に、これからもどんぐりに取り組んでいきたいと思います。

          ムーリーくんとローリーくん(5MX00)

          2015.06.18 Thursday

          0
            小学校3年生のおまめくん。
            どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

            ーーー
            5MX00 正解

            ムーリー君は1時間で20cm進み、ローリー君は2時間で50cm進みます。
            ムーリー君は5m離れたお店へ、ローリー君は6m離れたお店へそれぞれお使いに行きます。
            では、どちらがどれくらい早く帰ってくるでしょうか。

            ーーー

            珍しく、5年生問題を見てみたい、と言いました。
            問題は印刷している小冊子を購入しているので、5MXを渡しました。
            それで、5MX00をやってもいい?と聞いてきたので、いいよ〜と答えて取り組みました。
            先日の「カニの介とカニの心」の問題の類題だったので、やってみたかったのかもしれません。

            ムーリーくん、ローリーくん、それぞれのかかる距離と時間を絵図で描きました。
            距離は家までの往復の距離を書いています。(ローリーくんは背中にローラーを背負ったカタツムリだそうです)

            まずムーリーくんは、10倍の(10時間、200cm(2m))で考えました。
            それを増やして、50時間で10mが分かりました。

            ローリーくんは、2倍の(4時間、100cm(1m))で考えました。
            5個増やしてそれを倍にして、残り2つを増やして、48時間で12mが分かりました。

            最後に通しでもう一度読みました。
            50-48をして、答えにローリー君が2時間はやい、と書いて終了しました。

            絵を描きながら、「この問題おもしろいわ〜〜〜」と言いながら楽しんで取り組みました。

            -----
            このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。

            ↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
            おまめくんの成長日記