6mx85 水撒き競争

2018.05.09 Wednesday

0

    6mx85 正解

    河童のガッパ君と河童のアッパ君がお皿で水撒き競争をしました。

    ガッパ君は、アッパ君が40分で水撒きを終えた広さに水を撒くのに1時間かかりました。
    では、同じ広さを2人が協力して水撒きをするとすると何分で水撒きが出来るでしょうか。

    始めに左下の絵図を描いて考えようとしていましたが、途中で「あっ!」と言って右上の絵図を描き直して回答しました。

     

    右上の絵図を見て、3:2の比(40分と60分の逆比)で考えたのだな、と思ったのですが、終わった後に

    「公約数と公倍数で考えた」と言っていました。

    右上の絵図でいうと、40(分)と60(分)の公約数の5で分けて、分けた8(40÷5)と12(60÷5)の最小公倍数を答えとした、ということなのだと思います。

    本人はそう言っているけど、絵を見るとやっぱり比で考えていたのだと思うのですが(5で分けたのも、3:2を意識してのことなのでは?と思うし(40と60の公約数でもあるけど、その中から5を使ったところからして)、結果として答えも8と12の最小公倍数だった!という意味なんじゃないかなあ?(アッパ君左から3マス、ガッパ君右から2マスの絵を描いているから))。

    でも、公約数と公倍数がどうも好きみたいなおまめ君らしい考え方で面白いな、と思いました。

     

    6mx51 ウナギダ小学校

    2018.05.08 Tuesday

    0

      6mx51 正解

      ウナギダ小学校では、みんなで夏休みに北極へ修学旅行に行きます。
      この小学校の生徒は50%が女の子です。今度の修学旅行には女の子の90%、男の子の80%が参加します。
      今回の修学旅行に参加しない男の子が10人だとすると、参加する生徒は男の子何人、女の子何人でしょう。

      男子、女子、それぞれを分けて絵にして考えました。

       

      今回の飛行機はマッハ4のスピードだそうです。

       

      6mx18 黄金柿の値段

      2018.05.08 Tuesday

      0

        6mx18 正解

        3,189,795円の入れ物に、同じ値段の黄金柿を6,789個入れて90,000,000円払うと
        3,000,000円のおつりがきました。
        黄金柿1個の値段を求めなさい。

         

        終わった後、清々しい顔をして

        「いっぱい計算したわ〜〜〜」

        と言っていました。

        すごい桁数だわ!!!

        6mx56 巨大餃子饅頭

        2018.05.07 Monday

        0

          6mx56 正解

          時速60kmで走る瞬足河童のアッパ君と分速800mで走る瞬足鼠のチュー太郎が、2人の家の丁度真中に置いてある大好物の巨大餃子饅頭20個を食べるために、真直ぐに突進してきました。
          巨大餃子饅頭を食べるには1個30秒かかるとすると、2人は各々何個ずつの巨大餃子饅頭を食べることができるでしょうか。
          2人の家は6km離れているとします。

          この問題、やけに時間をかけて解いていました。

          終わった後、「書いてたら法則が分かってきて面白かった。途中で計算すれば解けるかもと思ったけど、楽しかったから最後まで書いた」と、何やら満足そうに話していました。

          楽しかったのなら何よりです。

          6mx77 太平洋往復競争

          2018.05.06 Sunday

          0

            6mx77 正解

            超高速クジラのマッコ−君とザット−君が片道50000kmの太平洋往復競争をしました。
            マッコ−君の平均速度を秒速25km,ザット−君の平均速度を秒速10kmとすると
            ゴ−ルに辿(たど)り着く時間の差はどれくらいになりますか。

             

            少し前から太平洋往復競争は割り算で考えるようになっています。