イカ君タコ君CDとばし(3MX41)

2015.05.16 Saturday

0
    小学校3年生のおまめくん。
    どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

    ーーー
    3MX41 お宝行き
    イカ君とタコ君が、10枚CD飛ばしをしてい ます。 
    1枚表が出たら7個お菓子を貰えますが、裏だと2枚返します。
    最初は2人ともお菓子を20個ずつ持っています。
    ではイカ君が4枚、タコ君が9枚表を出したとすると、どちらが何個少なくなっているでしょう。
    ーーー

    とても丁寧に絵を描いていました。
    右ページに、20個のお菓子、それぞれの表のCD(光っているもの)と、裏のCD(光っていないもの)を描きました。
    裏の枚数のお菓子は2個ずつ消して行き、表の枚数を7個ずつ囲んで描きました。

    足し算もかけ算も使わずに、数字を入れて全部数えて答えを描きました。
    (最後の差のところは引き算をしていますが)

    数えるのにかなり集中して取り組み、数え間違いも自分で気づいて正しい数字にできたのですが、45ことしか書かなかったので、お宝行きになりました。→(いかくんが)45こ(少ない)と書かないとこれは正解にはできないですね。

    お宝になった理由はすぐに気づいて残念そうにしていました。(泣くほどではありませんでした)



    ーーー
    このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。
    ↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
    おまめくんの成長日記
    コメント
    コメントする