過去の作品 お宝行き(0mx)

2015.03.04 Wednesday

0
    小学校2年生のおまめくん。
    どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

    ーーー
    全部はアップできないと思いますが、ランダムに今までの作品も掲載しようと思います。
    詳しいコメントは印象に残っているものだけです。
    クロッキー帳は今よりサイズが小さいものを使っていました。(コピー用紙に描いていたこともあります。)
    (0MXの作品には私が何やらコメントを入れております・・・。)


    0MXは2013年9〜2014年2月頃まで取り組みました。
    つまり、1年生の後半に年長さん問題をやっています。

    ・・・
    0MX4

    なんでもやすいよ商店の問題。
    まあ・・この頃は、ことごとくお金の問題ができませんでした。1年生のしかも後半ですよ。
    こんな問題はテモアシモデナイヨ・・・
    完璧主義がひどかった時期。間違いとグチャグチャ消しています。分からないとイライラしてきます。

    0MX11

    絵がうすいけど、かばさんが水を飲む問題。
    半分の意味もよくわかっていません。

    0MX14

    1枚の葉っぱを半分にしたら、2枚になるでしょ?って疑いもなく思っていました。
    なのでテモアシモデナイヨ・・・

    0MX17

    金魚さんとありさんの1週間の夢。
    1週間、何日かシラナカッタヨ・・・(年長さんで解いたわけではないですよ。1年生のしかも後半ですよ)


    始めた頃の作品、お宝ばかり集めてみましたが、苦手な分野がよく分かりますね。

    年長さんのお宝問題は、
    時計の問題、お金の問題、半分の問題などが、うっかりミスではなく分からない状態でお宝に入っているものが多いです。

    どんぐり問題を通して、子どもが何をどこまで理解しているか、ということが表面的なことではなく深く分かるので、素晴らしいなあと感じました。
    実際は1年生後半でこれが分からないのかあ〜〜〜と焦った気持ちもたくさんありましたが・・・。

    どんぐりを初めて半年は、年長さん問題を続けていきましたが、いろいろな発見があったなあ・・と思います。






     
    関連する記事
    コメント
    コメントする