4年生学習の状況

2017.01.12 Thursday

0

    おまめくんは今4年生です。

    4年生も3学期に入り、いよいよ5年生になろうとしています。

    支援学級在籍で国語と算数、社会は支援級で受けています。

     

    入学前から支援級在籍を決めていましたが、保育園の時に集団生活に馴染めず、そのまま学校に行かずホームスクールをして過ごしました。(1年生の2学期から部分登校)

    1年生の2学期以降少しずつ学校に行くようになったのですが、算数の時間に計算問題でフリーズする、腹痛をおこすという状況があり、いろいろと悩んだ時期がありました。

    (それでいろいろ調べてどんぐりにたどり着いたというわけなのですが)

     

    2年生になると、九九が覚えられないということがありました。

    (あえて覚えないということではなく、覚えることができなかったです)

     

    支援級の先生は1年〜4年まで同じ先生です。

    で、2年生の終わりに

    「3年生になったら割り算も出て来てこのままではついていけなくなるので、授業で電卓を使いたい」

    と言われたことがあります。

    その時は、

    「多分大丈夫ですよ。ゆっくりでもやり方を分かっているようなら自分の方法で掛け算も割り算もできると思います。なので電卓を使わずにお願いします」

    と話しをしたと記憶しています。

    その時はとても心配そうな表情をしていらっしゃいました。

     

    その1年後の面談。

    先生、きらきらした目をして

    「ほんとに九九をしなくても掛け算も割り算もできるんですね!!驚きました!!」

    と言われました。

    3年生の今の時期、特に学習で困る様子はないということでした。

     

    そして4年生が終わろうとしていますが、今のところ学習で困る様子はないようです。

    おまめくんに、

    「学校の勉強難しくなってきた?」

    と聞いてみると、

    「全然難しくならない。物足りない。」

    ということでした。

     

     

    4年生2学期に持ち帰ったテスト。

    いつもは計算問題も取り組んでいますが、珍しく空欄でした。

    先生からは

    「とても疲れていたので計算はしませんでした。割り算のやり方は理解できています」

    とのコメントが。

    4年間も同じ先生だとありがたいですね。

    1年生の時の計算でフリーズする状態や、2年生で九九をどうしても覚えられない状態を見てくださっているわけで。

    「余計なことをさせないこと」で、そういったタイプの低学年の子どもを守ることができるということを、実感していただいたのではないかと思っています。

     

    今も漢字の「書き」は捨てていますので、テストでは空欄です。

    (どんぐりのIF法も封印しています)

    でも、それと引き換えに得られるものは大きかったと思います。

     

    以前私が書いていたブログでおまめくんの学習障害について悩んでいた時に、レオンくんからコメントをいただいたことがありました。

    またどんぐりブログを書いていない時だったし、どんぐりの記事は少ししか書いていなかったブログだったのでとても驚きましたが、その言葉でいろいろなことを決心できたと思っています。

     

    リンクを貼っておきますね。

    おまめくんの成長日記「息子の学習障害についての考察

    レオンくんからのコメント

    「計算は一日に一問まで。それ以上は不要なストレス。脳が行うストレス回避策は麻痺させること。知らないふりをすること。漢字は読めればいい。書きは不要なストレス原因。大事なものの入力を妨げますよ。」

     

    長くてとりとめのない記事になってしまいましたが、低学年の学校の算数の授業で、計算が遅かったり漢字が書けなかったりして「勉強ができない」と焦る必要はないということ。

    むしろ「させない」ことで守ることができるということ。

    「家庭学習にどんぐり」「メディアの刺激をさける」「外遊びをする」というだけで、いろいろな心配ごとがなくなってきます。

    学習の心配事だけでなく、情緒も安定してきます。

    おまめくんはもうすぐ10歳を迎えますが、やりたいことがたくさんあるようで、毎日楽しそうです。

     

    ひとまず学習の状況としては、4年生後半、困っていることはないようです。

     

     

    コメント
    こんにちは😃
    素晴らしいですね。
    通信どんぐりの添削をしている小林と申します。
    生徒さん達の参考になりそうなので、この記事をリンクさせてもらってもいいですか。
    こばたまさん
    コメントありがとうございます^^
    半年ほど前に書いた記事ですが、この記事を糸山先生がFacebookで紹介されたのですね。
    リンクは大丈夫です。
    さすがに九九を覚えないことを人にはおすすめできないのですけど、こんな子もいるよ、という程度で参考にしていただいたらと思います^^
    • by かりんとう
    • 2017/07/25 6:15 AM
    コメントする