今年の宿題について

2016.04.19 Tuesday

0
    支援級に在籍しているので、宿題は支援級の先生が出しています。
    1年生の時から、少なめにしてもらっていました。
    1年生の時は少なめの宿題を本人がやっていました。(計算5問くらいのプリント)
    2年生から本格的に環境設定を整えることにして、少なめの宿題も私がすることにしていました。
    宿題をなくしてほしいという交渉はしつつ、ゼロにはならなくて、時々増えたり。(でも本人にさせていないので気にはならなかったですが)
    3年生の後半から、平日は「宿題は無理しなくてよいですよ」って感じになって、週末だけ私がするという感じに。

    で、この4月からのことなんですが、実質宿題無しになりました!!
    同じ先生が4年目でやっと・・なので、なかなか宿題無しという交渉は難しいものなのだろうと思います・・・。

    さきほどの家庭訪問で、
    「宿題は自学ということで良いですよ」
    と先生。
    「・・それは、提出が必要ですか?」
    と聞いたところ、
    「提出はしなくてよいですよ。おまめくんはいつも家でしている学習(どんぐり)の話しをしてくれているし、いろいろな生き物や植物を観察したり育てている話しも聞かせてくれています。こっちが教えてもらうことも多いくらいです。なので、それが自学ということで、提出はしなくても大丈夫ですよ」
    とのこと!!!
    実質の宿題免除、4年目にして承諾していただけたようです^^/

    正直少なめの宿題でも、毎朝ちょっと早起きしてやるのが(私が)大変だったので、免除はありがたいです。
    何より、いわゆる「読み・書き・計算」の宿題をせずにどう育つか、というのを実感していただけるのがありがたい。
    そして先生は、
    「おまめくんには家では自由にいろんなことをさせてあげたいと思ったんです。宿題をする時間よりも、自由に遊ぶ(学ぶ)時間を優先してあげたいと思うようになりました。」
    と言ってくださいました。

    1年生の時は計算のできないおまめくんを心配して、「家でも計算カードをしてください!!」とおっしゃっていた先生です。
    今は、ドリルをほとんどさせず、学校の「スキルタイム(ドリルの時間)」も、おまめくんには読書タイムということでのんびり過ごさせてくださっています。

    先生も最初は変わった親だと思われただろうな・・・。
    でも、成長していくおまめくんを見て、家庭の方針に共感してくださったのだと思います。

    この1年、楽しみです^^




     
    コメント
    ●楽しみですねぇ。でも、丁寧に丁寧に...。
    コメントありがとうございます。
    丁寧に・・本当にここが一番大切ですね。丁寧な生活をこころがけていきたいと思います。
    • by かりんとう
    • 2016/04/25 5:44 PM
    コメントする