ブログを書く前の作品も時々アップします。
半分、を絵図にできたときの作品です。

2013年冬(1年生の冬)の取り組み 0MX11
ちいさなかばさんと おおきなかばさんが いっしょに みずをのんでいます。
おおきなかばさんは はんぶんの じかんで  ちいさなかばさんとおなじりょうの みずをのみ ます。 
では、いままでに、ちいさなかばさんが 4はいのみずをのんだとしたらおおきなかばさんは なんばいの みずをのんだことに なるでしょうか。

以前にもアップしたものです。
とても見えにくい(というか写真では見えない)のですが、左ページに、
【おおきいかばさん いままで①②③④】
【ちいさんかばさん いままで①②③④】
と書いています。
右ページは、5ふん/4はい(大きいかばさん)、10ぷん/4はい(小さいかばさん)と書いています。半分の時間で同じ量の水を飲む、ということを文字で表しているのでイメージができていないのだと思います。
ということで答えは出ませんでした。

2014年夏(2年生夏休み)の取り組み

半分を表す絵がかけました。。
数字を入れていないとかばさんの大きさが同じくらいなので、これが量を表しているのか時間を表している絵図なのかが見ただけでは分からないのですが・・・

しかし本人はこの絵で、
【大きなかばさんは小さなかばさんの倍の水を飲む】
ということが分かったようなので、答えを8はい、としています。

半分、の絵が描けたきっかかの問題だったように思います。



 

小学校2年生のおまめくん。
どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

ーーー
全部はアップできないと思いますが、ランダムに今までの作品も掲載しようと思います。
詳しいコメントは印象に残っているものだけです。
クロッキー帳は今よりサイズが小さいものを使っていました。(コピー用紙に描いていたこともあります。)
(0MXの作品には私が何やらコメントを入れております・・・。)


0MXは2013年9〜2014年2月頃まで取り組みました。
つまり、1年生の後半に年長さん問題をやっています。

・・・
0MX4

なんでもやすいよ商店の問題。
まあ・・この頃は、ことごとくお金の問題ができませんでした。1年生のしかも後半ですよ。
こんな問題はテモアシモデナイヨ・・・
完璧主義がひどかった時期。間違いとグチャグチャ消しています。分からないとイライラしてきます。

0MX11

絵がうすいけど、かばさんが水を飲む問題。
半分の意味もよくわかっていません。

0MX14

1枚の葉っぱを半分にしたら、2枚になるでしょ?って疑いもなく思っていました。
なのでテモアシモデナイヨ・・・

0MX17

金魚さんとありさんの1週間の夢。
1週間、何日かシラナカッタヨ・・・(年長さんで解いたわけではないですよ。1年生のしかも後半ですよ)


始めた頃の作品、お宝ばかり集めてみましたが、苦手な分野がよく分かりますね。

年長さんのお宝問題は、
時計の問題、お金の問題、半分の問題などが、うっかりミスではなく分からない状態でお宝に入っているものが多いです。

どんぐり問題を通して、子どもが何をどこまで理解しているか、ということが表面的なことではなく深く分かるので、素晴らしいなあと感じました。
実際は1年生後半でこれが分からないのかあ〜〜〜と焦った気持ちもたくさんありましたが・・・。

どんぐりを初めて半年は、年長さん問題を続けていきましたが、いろいろな発見があったなあ・・と思います。






 

小学校2年生のおまめくん。
どんぐり倶楽部の文章問題に取り組んでいます。

ーーー
全部はアップできないと思いますが、ランダムに今までの作品も掲載しようと思います。
詳しいコメントは印象に残っているものだけです。
クロッキー帳は今よりサイズが小さいものを使っていました。(コピー用紙に描いていたこともあります。)
(0MXの作品には私が何やらコメントを入れております・・・。)


0MXは2013年9〜2014年2月頃まで取り組みました。

・・・
0MX99 

これはとても印象に残っています。
左ページに試行錯誤した形跡があります。
6本多い絵にするため、4本のかたまりを6個描いて、かたまりの中の1本を白としてみました。しかし、これでは「赤18本、白6本」となってしまい、条件に合う絵にはなりませんでした。

その後も下の方に違う絵を描きますが、うまくいきません。

とても悩みながら、右ページに違う絵を描きました。
6本ずつ区切った絵を4個描いて、まずは全部赤い花を24本描きました。
「6本多い」の条件に合う絵にするために、赤い花の絵を何本か白い花に変えていきます。
3つ目の6本のかたまりの絵を、赤3本、白3本に変えました。
最後の6本のかたまりの絵を、赤6本を消して白6本に変えました。
これで、赤と白は差の部分(最初の6本の赤のかたまり)以外は同じ数の絵になったので、全部で24本、赤が6本多い絵になったので、白い花の数を数えて答えを出しました。

並べなくてもこういう描き方でできるのかあ・・・私には想像つかないやり方だわ〜とかなり感心した記憶があります。


・・・
0MX31 

四角で区切って工夫しました。

・・・・
0MX7

半分、の部分を線で区切って工夫することができました。
珍しく色を塗っています。(花丸は私がしています・・・)

・・・
0MX10

絵に数字を入れて分かりやすく工夫しています。


この頃はまだ足し算は出て来なくて、全部描いて数えています。




ーーー
このブログはどんぐり問題の取り組みを中心に書いています。
↓おまめくんの日常はこちらのブログに綴っています^ ^
おまめくんの成長日記

1

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM