冬休みもお宝問題に取り組んでいます。

4MX36 正解
ハム太郎とチュ−助は1週間朝のランニングをすることにしました。
最初の計画では1000mから始めて、次の日からは500mずつ増やしていくことにしていました。
ところが、5日目からはチュ−助が嫌がったので増やしませんでした。
1週間で2人が走った距離を合わせると何kmになりますか。


絵も丁寧に描く事ができ、2人分というところも忘れずに、答えを書きました。
絵が多めなのは、終わった後のお絵描きです。

前回は取り組みの様子からして集中力がない様子でした。
4MX36の取り組み

お宝帳(わからん帳)に取り組みたびに、いろいろな気付きがあります。
まずは子どもにとっては・・

今まで出来なかったり間違えたりしたことでも、工夫すれば乗り越えられる

という体験につながっている、と感じることです。
特にうちの子のように完璧主義の要素が強い子の場合、失敗を極端に恐れるというところがありました。
で、うちの子はずっと、そもそもチャレンジしない(失敗するくらいなら、負けるくらいなら、間違えるくらいなら、やらない)という傾向がありました。(保育園の頃はジャンケンすらしなかった・・・。ボードゲームもトランプも、やらない、という選択。)
この傾向は早めに対処しないと大きな問題になると思います。
少しずつ日常生活でも崩していく工夫はしてきましたが、本人が「間違えても大丈夫」を体験として実感できるようになったのは、お宝帳の影響も大きいと思います。
間違えたり分からなかったりした問題なのですが、解法を聞いたわけでもなく、解説書を読んだわけでもなく、自力で正解になっているというところが大きいですね。
これまでの自分より成長している自分を感じることもできると思います。

親にとっても、
「答えはおまけ」
というところを実感できるのが、お宝帳の取り組みだと思います。

始めて半年くらいは正解を出すことに私がこだわっていて、誘導したりヒントを与えたりしていました・・・・。
で、あまりうまく進まず悩みながら(どんぐりをやめることも考えた)、改めて環境設定を含め私の意識を変えていったのが2年生の春から。
2年生の夏休みのお宝問題では、再度お宝行きになるものもまだまだ多かったのですが、絵の変化に気づき始めました。
で、2年生の春休みのお宝問題の取り組みで、大きな変化を実感しました。
3年生の夏休み、今回の冬休みでも、ますますその変化を感じることができました。
そう、お宝問題に取り組むことがものすご〜く大事ということに、改めて気づいた次第です。
ということは、やはり「答えはおまけ」。
普段の取り組みの時に、親が正解にこだわってイライラする必要など全くなく、むしろ間違えたり分からない問題に巡り会ったときこそ進化のチャンスととらえて、ノーヒント・ノーアドバイスで進めていったほうが良いのです。

まあ、そうは言ってもいまだに余計な一言を言いそうで、その場からさりげなく離れたりしているんですけどね。
今回のお宝問題では、大きな変化が見られたので、改めて親の干渉をなくすこと、を肝に銘じたのでした。
また今後の取り組みも楽しんでいこうと思います。



 

冬休みにもお宝問題にとりくんでいます。

3MX41 正解
イカ君とタコ君が、10枚CD飛ばしをしてい ます。 
1枚表が出たら7個お菓子を貰えますが、裏だと2個返します。
最初は2人ともお菓子を20個ずつ持っています。
ではイカ君が4枚、タコ君が9枚表を出したとすると、どちらが何個少なくなっているでしょう。

この問題は、2MX91の時は正解しており、その後の3MX41では答え方の間違いでお宝行き、3年生の夏休みには絵がごちゃごちゃしていて数字の見間違いがあり、再度お宝行きになったものです。
ということで、4度目の取り組みになります。

これまでの取り組みと大きく違っているのは、絵がシンプルになったことです。

タコくんは、まず表のお菓子を描きました。(お菓子は○で表しています)
7個のかたまりを9個描いて、数えずに5のところに「35」とメモ、9のところに「63」とメモしました。
かけ算をしたのだと思います。

イカくんの表は、7個の○に、×5と書いて「35」にして、-7と書いて28と書きました。
こちらもかけ算だと思います。

もともと九九を覚えずにきているので、かけ算をどのように考えているのかがよく分かりました。
今回は×5を基準にしているのですね。
(でも、かけ算はいつもこの方法ではなく、その時によって違います)

その後裏の枚数を基準の20から引いて、その数に増えたお菓子を足して、タコくんからイカくんを引いて答えを出しました。

これまでの絵よりシンプルなので、数え間違いや書き間違いがなく、その分余裕を持って答えを書く事ができたのではないかと思います。
ここにきて、やっと「かけ算」を使うことが定着してきたのではないかと思います。

2MX91の取り組み
3MX41の取り組み(1回目)
3MX41の取り組み(2回目)※まとめて更新している中の一番最後の画像です


 

帰省もなく、のんびり過ごしている年末年始。
おまめくんはお父さんと、標高500mほどの近所の山に犬と一緒に登っています。
ということで、大晦日なのにのんびりブログ更新。

冬休みもお宝帳に取り組んでいます。

3MX64 正解

この問題は、9月にチャレンジしたものです。
これまでザットーくんの時速80kmのものは正解できていましたが、次に時速90kmの類題(これは9月に分からなくてお宝行き、先日正解したもの)、そしてこの時速60kmの類題にチャレンジしていました。
時速60kmの場合は、分に換算しないと答えが出せません。
前回もそのことには気付き、6万キロ(1000時間)の残りの4万キロの時間を考えようとしていました。
が、換算にミスがあり、ミスのまま最後まで考えたので正答にはなりませんでした。
この記事に詳しく様子を書いています。

今回も前回と同じく、4万キロを考えました。
前回は、60分を10倍にした600分を基準にして、増やしていくことで4万キロまで考えようとしていました。
今回は、4万キロかかる時間を最初に分に換算し、そこから時間に単位を変換していくアプローチでした。

4万kmかかる時間は、1時間60kmなので60分で60kmと考え、4万kmは4万分と考えました。
4万分を時間に換算するのに、6000分が何個あるかをまず考えました。
6000分が6個で36000分=600時間。残り4000分。

次は4000分を換算します。
ここからは早く、
600分が6個で3600分=60時間。残り400分。

60分が6個で360分=6時間。残り40ふん。

ということで、4万分=666時間40分ということが分かり、答えまで導きだすことができました。





 

冬休みもお宝帳に取り組んでいます。

3MX44 正解
赤亀と青亀と黄亀を1匹ずつ持ったタヌキが日本海を南下しています。
亀は全部で63匹いるのですが、赤亀は青亀より18匹多く、青亀は黄亀の丁度2倍います。
では、赤亀は何匹いることになりますか。


2MXでは正解しており、3MX44では答えは合っていたけれど単位忘れてお宝行きになっていました。
楕円で全体を表す絵を描き、

63-18=45
45を5個にわけて9。
9+9+18で赤の数を出しています。

今回は単位忘れもありませんでした。


 

3年生冬休みお宝帳です。

3mx77 正解
サンタさんが、子ども8人に、それぞれ同じ値段のお菓子(かし)を3個ずつと、そのお菓子1個の2倍の値段がする玩具(おもちゃ)を2つずつ買ってあげようと思っています。ただし、サンタさんが使えるお金を全部で7000円とすると、1個何円のお菓子と1つ何円の玩具を買ってあげればいいでしょう。

前回の時と同じ解き方ですが、右ページに全体の絵を描いたところが今回の工夫でした。
7000を8個に分ける方法を、半分の半分の半分で考えたところが前回と違ってすっきりしたところです。
875を7個に分けるのは、前回と同じく数を分解して分けていきました。
足し忘れもなく答えまでたどり着きました。

今年の10月の取り組みはこちら
 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM